レンタルサーバー
ゆきショコラにっき


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2009/11/11//Wed * 21:16
●○ポッキーの日!

今日のうちに書けちゃったぞ!
短いけど浜泉ポッキーゲーム小説的な。
とりあえずここにup。
また今度サイトに収納しときます(^ω^)
もしかして浜泉の更新は久しぶり?


※あ!以前言ってたサイト消滅は復活しました!FC2さんありがとう!
そしてそれを期に(?)改装しました。
素敵テンプレート感謝感謝!

ちなみに絵は…また、いずれ(笑)

では、以下浜泉。














「泉にもやる!」

いつもの学校、いつもの昼休憩。飯も食ったしさあ寝るか。きっと今日も練習でしごかれるだろうから体力温存。そう思って机にうつ伏せになろうとしたときだった。
にっこりと、いつもの無邪気な笑顔で田島が差し出してきたのは

「ポッキー?」

「おう!」

何の変哲もない、まさしくポッキーだ。しかしなぜいきなり。

「…あ、ゾロ目」

「そうポッキーの日!今日来るときに買ってきたんだぞっ」

成る程。今日は11月11日。某菓子会社の陰謀によりポッキーが異常に売り上げを上げる日である。

「さんきゅー」

ぱくり、と田島の手のそれに噛み付く。

「あ」

「ん?」

「ポッキーゲ…!」

「断る」

パキパキとポッキーを砕きながら食べ終え、なかなか残念そうにしゅんとなる田島が妙に可笑しかったから、

「花井に頼んでみろよ」

からかい混じりに言ってみる。
と、田島はものすごく良い提案を聞いたとゆうようにきらきらと瞳を輝かせた。

「行ってくる!」

そしてそう言いあっとゆうまに田島の姿がクラスから消える。
嵐が去ったような余韻を感じながら、

(あー…ごめん花井)

今ごろ大変困っているであろう我らが優しきキャプテンを思い、心の中で謝罪をして俺は今度こそ眠りについた。









「ハイ泉、あーん」

「…なんだよこれ」

「え?なにって、ポッ…」

「んなこたわかってる」

「先にくわえてるの嫌なら俺が…」

「先ってなんだよ」

「え?」

いや聞かなくても、分かる。
だって今日昼に同じようなことがあったじゃないか。

部活も終わってへとへとになったその足で浜田の家に寄った。
洗濯も食事もできて歯ブラシもパジャマも置いてある浜田の家はもう俺の第二の家である。
なんとなく、週に一回くらいは浜田の家に泊まるのが習慣になってきて今ではいつ俺が浜田ン家に泊まると言っても母さんは「じゃあ迷惑かけないようにね」としか言わなくなった。
浜田との関係が認められているような気がしてなんだかくすぐったいような感覚だ。

そして今日もそんなふうにこの家で飯を食べ、テレビを見ながら寛いでいると浜田がそんなことをしだしたのである。

「お前も、グリ●の陰謀に乗せられるわけだな…」

ため息混じりにそう呟けば、たまにはそーゆーのもいいじゃんと、浜田は相変わらずの笑顔。

「わかってて乗ってるんだよ」

「逆に利用してやってるぜ的な?」

「そーそー。泉とちゅーできるなら良いんだよ。理由なんてなんだって」

だから、ね?

悪びれなく微笑むそいつに、呆れて言葉がでない。
なんて自分に正直なやつ。

「…わぁったよ」

しぶしぶ、浜田の手からポッキーを奪い、くわえる。

今日とゆう一日に、日本ではどのくらいこのゲームが行われたのだろうか。

カリ、と反対の先端がかじられる。

(この時点で…だいぶ近いンだけど…)

ゆっくりと、焦らすように見慣れた顔が近づいてくる。
来るなら早く来てしまえば良いのに。その遅さに、部屋の異様な静けさに、緊張までしてくる。

あと、一センチ。思わず唇が微かに震えて、ニヤリと浜田が笑ったのが分かった。

(こいつ、楽しんでやがる…!)

かあ、と顔に熱が昇って、なに笑ってんだ!そう叫ぼうとした瞬間、けれど唇はその言葉を紡げなかった。

「…んっ、」

むぐ、と唇を押し当てられ、その状態で浜田は最後のポッキーの欠片を飲み込んだようだった。

「っ…ぅ」

そのまま、俺の唇についていた微かなチョコも舐めとられ、舌を絡めとられる。
いつもの、浜田のキスのやり方。
何度も何度も角度を変えられ侵入してくる舌は歯列をなぞり、口内全てを刺激する。


(菓子会社の、策略…の、くせに)


同じことを考えている恋人たちは、いったいどのくらいいるのだろう。


(…本当は、俺だって、なんだっていいんだ)

バレンタインも、クリスマスも。

(お前といられる口実ができれば、なんだって)



ポッキーの日、ばんざい。
キスの合間に、へらりと笑いながら浜田が呟く。


まったくだ、と声には出さないで同意して、


そのままその身を彼に預けた。






ポッキー?もちろん私も食べましたよ!もちろんひとりで食べましたよ…!
スポンサーサイト


2009/10/26//Mon * 23:26
●○闇末/都密

最近はもっぱら動画編集してます。つきのです。

闇末MADが少ないので…とゆうか都密MADが少ないので(´;ω;`)

そのために闇末のDVDを買いました。動画サイトのは下にどっかの国の字幕が出るから使うのちょっと抵抗あるんですよね…。

で、そのDVDのvobをaviなどに変換するのをひたすらしてました。

vob→aviソフトは4…5個くらい試しましたが、私的には一番Woopieが素敵でした。
Superも高画質ですごく細かい設定もできて良かったんですけど…何故か後半に画像の乱れが現れるとゆう…なんでだろう。
他には使いやすくても画質が良くなかったり、時間が異様に長くかかったり(の割に画質が綺麗なわけでもなく)、使いにくかったり。

もっと良いソフトもあるかもしれませんが私はWoopieをオススメします。とりあえずすごく使いやすく全て日本語ですしあらゆる拡張子に変換できます。
PSP、iPod、携帯(au、DoCoMo、SoftBank)に対応した拡張子への変換も可能。そして音声のみの抽出も可能です。

あ、でもたまに画像が乱れました。もしかしたら私の使い方に問題が…?

とゆうわけで風邪気味だったりもします。
今日は休んで家でそんなことしてました。
闇末、やっぱり良い(^ω^)



では以下、突発的筑密文です。




Read preview more?


2009/08/22//Sat * 00:13
●○準隆…高阿? …準阿。

「大丈夫… 兄ちゃんがついてる…」

真夜中、雷に怯える俺に寝呆けながらそう言って優しく抱き締めてくれた。


じゅんあべでお願いします。
某サイト様の影響でじゅんあべ兄弟パラレル半端ないです。

ちなみに台詞はジャンプで連載中の某コメディ漫画より。


2009/08/18//Tue * 20:36
●○西浦ーぜがチャットをすることになりました。



ミーティングの日にまさかの大雨警報発令!
部活は中止と思いきや、どうしても決めとかなければならないことがあり急遽西浦ーぜチャットが開かれました。

一番乗りはもちろんキャプテンの花井くん…と思いきや

【ふみきが入室しました。】

水谷くんのようです。遅れちゃ怒られると頑張って急いだのですが誰もいなくてがっかりです。

そして五分後。

【花井が入室しました。】

ふみき>あ、はない!
花井>水谷はやいな

【沖が入室しました。】

沖>ちわっ
ふみき>やほー!俺一番乗りだったんだよ!

【れんが入室しました。】

ふみき>俺一番乗りだったんだよ!
れん>すごい!

続々と集まる西浦ーぜにしっかり自慢する水谷くんです。

【すやまが入室しました。】

ふみき>俺が一番乗りだったんだよ!
すやま>おー

【阿部隆也が入室しました。】

(まさかのフルネーム!)そう思ったけど誰もそんなこと言いません。西浦っこは優しいです。

ふみき>あべ!俺が一番乗りだったんだよ!
阿部隆也>ふーん
ふみき>つめたい!

【西広が入室しました。】

西広>みんな早いね
ふみき>俺が一番乗りだったの!
阿部隆也>水谷うるさい
ふみき>ひどい!

【ゆーが入室しました。】

花井>だれだ?
ゆー>え、おれだよおれ!
花井>ああ、田島か
ふみき>花井すごっ

【いが入室しました。】
【浜田が入室しました。】

い>なんで浜田がいんの?
浜田>モモカンが来てって

(泉、なんておーちゃくな。)なんてみんな思いましたが以下略。

【さかえぐちが入室しました。】
さかえぐち>わ、ごめん
ふみき>おそいぞー
阿部隆也>うざ
ふみき>ひどいいいい

【モモエが入室しました。】

花井>ちわ!
ゆー>ちわっ
西広>ちわー!
ふみき>ちす!
阿部隆也>ちわす
れん>ちわっ
すやま>ちわ
沖>ちわっす
い>ちす
浜田>ちわ!
さかえぐち>ちす!


そんな感じでミーティングがはじまります。
途中で名前変えてみよーぜとかゆう話になって一旦みんな退室して別名ではいります。
最後までばれないのは沖(ボール)、阿部(たぬき)、巣山(グランド)、栄口(うし)です。
でも四人はそれぞれお互いがわかっちゃう。
ちなみに

水谷(ナイス)←名前でばれた
田島(げんみつ)←同じく
花井(野球)←会話の仲裁にはいってばれた
三橋(いぬ)←喋らないからばれた
西広(甲子園)←言葉が優しいからばれた
浜田(ねこずき)、泉(ねこ)←ばれた




***
わたしも混ざりたい…。





2009/08/15//Sat * 00:10
●○パソコン中毒

今日更新できませんでした!
せっかく最近毎日更新できてたのに
榛阿はあと5つくらいストックがあって
キルクラも新しくシリーズもの始めたくてとりあえず4つくらい書いたので
一週間は毎日更新続けられそうだったのに!
今日はパソコンができませんで。
しかもたぶん明日もできませんてゆう(´;ω;`)

サイト様の更新チェックができないのが一番辛いんですけどね。



そうそう今日お盆で田舎に行ったんですが一番下の従弟がまだ四歳なんですが
可愛くて可愛くて仕方ない…!!
ああんもうむしろ幼児元希さんか幼児タカヤにしか見えないいいいい
だって早く花火がしたいから

「いいことおもいついた!」
「ね、とけいのはりすすめてすすめて!」

もうwww時計の針進めても早く夜になったりしないからね!
ああかわいい!
元希さんが言ってきたらもう私時計の針ぐるぐるぐるぐる

「タカヤ!花火まだ?まだー?」
「まだですよ。あの長い針が12まで行くまで待ってくださいね」

そしてこっそり針を回す榛名。

ひいいいいいい!
おま、私を悶え死にさせる気かああああ



それと、私たちきょうだいには若めの伯父がいまして、みんなで兄ちゃんと呼んで慕っているわけですが
その伯父ももう普通の婚期は過ぎてしまい会うたびに親戚から結婚しないのかと言われまくっています。

そして姉となかよしです。

妄想スイッチON。

「タカヤもう二十歳になんの!?あんなちびだったのによお」
「元希さんはいつの間にかもうオジサンですねえ」
「うっせ!」
そんな冗談を言い合いながら、元希さんは結局もう結婚しないような気がした。
オジサンなんて形容詞が似合わないくらい若くてこんなにカッコいくてこんなに優しい人だけど、何故だかそう感じた。
それはたぶん、俺は無意識に感じていたから。元希さんが結婚しない理由、好きな人の存在、それが俺であること。
「俺のが先にしちゃうかもしれませんね」
「ははっ かもなあ」
笑ってる。俺も、元希さんも。二人で話しているときが何より楽しいと感じた。
(俺も、結婚しませんよ)
言ってやったらどんな顔をするだろう。なに言ってんだよ、てきっと小突かれる。
本当の気持ちなんて俺には絶対言ってくれないんでしょう?
「次会うときはちょっとたるみ気味のお腹、なんとかしてくださいね!」
「あ、ばれてた?」
「わかりますよ」
(あんたのことなら、なんだって)
「おう。んじゃな」
「さよなら、」



小さい頃から俺のことが大好きなタカヤ。おまえが生まれたときから知ってる。
負けず嫌いでたまに泣き虫ですげえ可愛くて。
もう、お前以外なんて考えられねえの。
(言わないから、だからタカヤ、おまえは普通に幸せに)



妄想スイッチOFF


だめだもうわたしの妄想力に脱帽/(^O^)\

[TOP] next >>
copyright (C) 2006 ゆきショコラにっき all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。