レンタルサーバー
ゆきショコラにっき


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2009/05/27//Wed * 23:50
●○サロメ

とゆう戯曲の台本を文庫化したもの?を友人の薦めで読みました。

旧約聖書の創世記とかに関連してる感じ、だったかな?
本がいま手元に無いうえ流し読みしたので時代とか場所とかもよく覚えてないです。

王と后の兄妹近親相姦の子がサロメで、その王を殺した者が王座につき同じ后を持ちました。
そしてサロメは予言者ヨカナーンに恋をし、ヨカナーンはサロメを嫌悪し、サロメが王に頼みます。
ヨカナーンの首を銀の大皿にのせてと。
王は結局その申し出を拒否仕切れずヨカナーンを殺し、サロメはその唇に口付けます。

そんな感じだった、かな。

要約が下手すぎる自分。

で。

これを読んでキルクラしかでてきませんでした、ええ。
なんでなんでなんで。
どうしてもキルアに狂愛を抱いたクラピカなんです。
あなたに口付けるよ、
あなたに口付けるよ、
狂ったように繰り返す王女、軽蔑の眼差しの予言者、
…なんでキルクラなんだ。
キル←クラなだけなうえにキルア死んじゃってクラピカおかしいし、
いやでもそこがやっぱりキルクラなんだよなあと。
そしたら王はレオリオか?
ちなみに王→サロメ。
…后は…イメージ的にキキョウさん。ヒステリックな感じ。

…!!

ちょっとまて。
なら娘はまんまカルトでもよくないか…!?

ああああktkr
絶対これじゃん!
カルトがサロメ、
キルアがヨカナーン、
王はシルバ、
后はキキョウ、

…うわ、びっくりするくらいぴったり。
ヨカナーン(キルア)がサロメ(カルト)になびかなかったのも他に恋人(クラピカ)がいたからなんだね!

なんかすごくすっきりはまったな。

ちなみにこの物語にも出てきます、ソドムとゆう都市。
悪徳の住民の罪のため、神の火に焼かれて滅ぼされたとされ、比喩的に罪業の都市とゆわれます。
ソドミーの語源なんですよね。

ソドミーとは、男色や獣姦、少年愛のことで、アメリカの同性愛を禁ずる条例、ソドミー法にも使われています。

最近とあるサイトさまで知った単語で、少し調べちゃいました。

アメリカって結構そうゆうのに寛容的なイメージなのに。
ある日いきなり男同士の恋人が住んでいた部屋に警察が入り込んでそれを罪とし逮捕したなんていうことも実際あるそうです。

でもアメリカの基本理念においてソドミー法はおかしいんじゃないかとゆう意見も多いらしく、撤廃運動もあるとか。

二次元とはいえぼーいずらぶを推薦するサイトとしては是非もっと自由な恋愛をと思いますね。



なんて

今日はいやに語っちゃいました(/_\;)
スポンサーサイト



Comments on this preview ○●    









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://tukiyonogennmu.blog111.fc2.com/tb.php/301-a6fb53ad

[TOP]
copyright (C) 2006 ゆきショコラにっき all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。