レンタルサーバー
ゆきショコラにっき


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2009/06/08//Mon * 22:31
●○悲恋は第三者でいることを条件に。

昨日あっぷしたキルクラ小説に誤字二ヶ所発見。
明日あたりにでもなおしたいです。

そしつ読み直してみてやっぱりキルクラって悲恋が似合うなあなんて思いつつクラピカはとんだ悪者じゃないのかこれ?と思ったり。

あ、ねたばれいきますよ。

レオリオと結婚したのにキルアが好きとか。レオリオは本気でクラピカが好きなのに。
でもきっとレオリオは気付いてるんです。
クラピカが本当に好きなのはキルアだってことも、むしろ、プロポーズした段階で、クラピカとキルアが両思いなの知ってたんです。
でもクラピカが、好きで好きで、卑怯だってわかっていながら二人にできた溝につけこんじゃって、それを後ろめたく思ってる。
だから未だにキルアをおもうクラピカを責めるなんてできないんです。
…ちぐはぐな三人、みんなつらいばっかりじゃないか。

って、当事者だったら切ないとかじゃ済まない感じですよねほんと。
でも、最後の最後で、クラピカは心の底から、レオリオと結婚してよかったと思って、それを伝えて
レオリオはその言葉でやっと今までの後ろめたさとかそーゆーのから解放されて欲しい。
キルアは、一生独身かも。

ああわたし基本未来の話とかすきくないんですよね。
どんなに幸せな未来がそこにあろうとも、着実に過ぎ行く時間とか、終わりに近づく感じとか、戻ってこないのがなんかいやで。
うん、なんか悲しくなってきました。

でも悲恋ネタも死ネタ読んじゃいます。泣きます。
それから時間を戻します。
この子たちはまだ終わってない…!
夢から覚めた感じでほっとしますね。

とゆうわけでHUNTER×HUNTERはやく再開しないかしら(・ω・`)
スポンサーサイト



Comments on this preview ○●    









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://tukiyonogennmu.blog111.fc2.com/tb.php/308-b91b22b9

[TOP]
copyright (C) 2006 ゆきショコラにっき all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。